フードコーディネーターを目指そう【食のスペシャリスト】

フードコーディネーターは幅広い分野で活躍できる

フードコーディネーターを目指そう【食のスペシャリスト】

レディ

フードコーディネーターとは

新しいメニューの考案やコンサルティングに関わる仕事をします。また、料理を美味しく見せるだけでなく、綺麗に魅せるための盛り付けや、食器の演出なども行います。中には料理教室を開講するなど、幅広く活躍することができる職業だと言えるでしょう。

フードコーディネーターになる方法

フードコーディネーターになるために持っておかなければならない資格はありませんので、専門学校は行かずに、アシスタントから始める人もいます。しかし一般的には、調理系の専門学校で知識を学んでから、食品関係の職業に就く人が多いでしょう。

調理士専門学校の卒業後に目指せる職業

製菓や調理の勉強をしたあと、フードコーディネーターだけでなく料理教室の講師や料理研究家、商品開発、メニュープランナーなどを目指すことができます。勉強しながら、どれが自分に合っているか見極めるといいですね。

どこで学ぶか考える

フードコーディネーターとして即戦力になるために、アシスタントとして働いて知識を身につける方法もありますが、知識と実績が豊富な専門学校で勉強する方法もあります。どちらが自分にとって良い方法なのかよく考えて選びましょう。

将来性のある職業

料理のスタイリングを行うのが主な仕事ですが、近年は市場開発や店舗のプロデュースなど、さまざまな仕事を任されることが増えています。特に、マネジメントやマーケティングの知識を持っていれば、幅広い分野で活躍することができるので、将来性のある仕事だと言えますね。

広告募集中